1. TOP
  2. 撮影・取材国を探す
  3. ウガンダ

SEARCH 撮影・取材国を探す

ウガンダ ウガンダでの撮影

撮影許可撮影許可
撮影に必要な全ての許可取得に要する期間:2週間以上
内務省のスペシャルパスとMEDIA COUNCILのプレスパスが必要。コロナ後に撮影許可の取得手続が大幅に煩雑化した。
先ずは内務省からのスペシャルパスを取得する。申請はオンラインで行い、クルー1名につきUS$400の申請料がかかる。
スペシャルパス取得後、撮影許可を申請。申請料はクルー1名あたりUS$175。撮影許可の申請には、日本警察からの犯罪経歴証明書が必要。
必要な資料をすべて揃えることができれば、取得までに要する期間は2週間程度。
機材通関機材通関
カルネは使えない。
機材リストを通関省へ送付すると、撮影許可と同期間で機材通関許可証が発給される。
トラブル防止のため、機材出入国の際は通関エージェントの同行が望ましい。
ビザビザ
エントリービザが必要。
コロナ後にオンライン申請のみとなり、大使館での発給やアライバルビザは中止された。
取得まで1週間程度。
その他注意事項その他注意事項
※入国には黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要。
※国立公園・保護区・観光地・商業施設などの撮影には、別途撮影許可が必要。
申請先機関・取得方法は撮影地により異なるが、特に国立公園撮影許可は時間がかかるので早めの申請を。
※祝祭日の多い期間には申請業務が止まることがあるので、早めに申請すること。
※マウンテンゴリラは人数制限があるため、撮影する場合は特に早めに許可を申請すること。

※許可に関する規定は頻繁に変更されます。最新情報はお問合わせください。